帝王の娘 スベクヒャン 1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話/11話/12話/13話/14話/15話/16話/17話/18話/19話/20話/21話/22話/23話/24話/25話/26話/27話/28話/29話/30話/31話/32話/33話/34話/35話/36話/37話/38話/39話/40話/41話/42話/43話/44話/45話/46話/47話/48話/49話/50話/51話/52話/53話/54話/55話/56話/57話/58話/59話/60話/61話/62話/63話/64話/65話/66話/67話/68話/69話/70話/71話/72話/73話/74話/75話/76話/77話/78話/79話/80話/81話/82話/83話/84話/85話/86話/87話/88話/89話/90話/91話/92話/93話/94話/95話/96話/97話/98話/99話/100話/101話/102話/103話/104話/105話/106話/107話/108話/109話/110話/111話/112話/113話/114話/115話/116話/117話/118話/119話/120話 動画 全話 見放題

帝王の娘 スベクヒャン 韓国ドラマ

【帝王の娘 スベクヒャン】を全話まるごと見放題で無料視聴する方法をまとめました。

帝王の娘・スベクヒャンの座をめぐる異父姉妹の運命を描くロマンス時代劇
第25代東城王の時代。加林城城主、ペク・カの娘・チェファは、王の従兄・ユンの子を身ごもる。そんななか、東城王を暗殺したペク・カはユンによって自害に追い込まれる。チェファも死んだと思い込んだユンは即位するが、生きていた彼女はソルランを出産する。

【帝王の娘 スベクヒャン】を全話みるには【見放題】

この動画を無料視聴できるのはU-NEXTというサービスです。
CMなどでU-NEXTの名前を知っている方も多いのではないでしょうか。
有線放送のUSENのグループ会社が運営している安心、安全のサービスです。

このU-NEXT、実は韓国ドラマが非常に充実しているのです。

こちら月額1,990円(税込2,189円)のサービスです。

「なんだお金がかかるのか、それならいいや!」
って思った方ご安心ください。

うれしい事にただいま1ヶ月の無料体験を実施中です。
さらにお得なことに無料体験終了前に解約すると一切お金をかけず無料で楽しめてしまうのです。

この動画の無料視聴だけではなく、その他の韓国ドラマも見放題で楽しめますので、ぜひ無料体験しちゃってください。

正直、無料体験終了後も有料で続けたくなってしまうほどのサービスです。

\たった1分で完了/
無料でU-NEXTで観る ※ 使い始めた日から31日間無料で楽しめます!

第1話

第1話

時は6世紀初頭。百済は第24代の王・東城王が治世していた。加林城の城主であり貴族のペク・カの娘・チェファは、王の従兄にあたるユンとひそかに情を通じていた。そしてチェファは、彼の子を身ごもっていた。

第2話

第2話

自分を辺境の地に追いやろうとする東城王に対して怒りを募らせるペク・カ。一方、ユンは北魏との戦いに勝利して帰還するが、東城王はユンを再び戦地に向かわせようとし、東城王は狩りのため加林城を訪れる。

第3話

第3話

ユンとチェファが再会を果たした。そこで2人が将来の生活について語りあっていると、東城王が狩りの最中に襲われたという知らせが入る。瀕死の重傷を負った東城王は、ユンに百済の将来を託そうとする。

第4話

第4話

「王を暗殺したらユンが黙ってはいない」と警告するチェファに対し、ペク・カはユンもこの謀反を望んでいたはずだと言う。そんななか、東城王が死去し、ユンは王を暗殺した罪でペク・カを召喚する。

第5話

第5話

ユンは諜報団のピムンを使い、ペク・カの側近たちを暗殺する。チェファはひそかにユンと面会して父の命乞いをするが、彼のかたくなな態度に、子を身ごもったことも伝えられないまま物別れに終わってしまう。

第6話

第6話

ペク・カの屋敷は炎に包まれ、チェファはクチョンに助けられる。それを目撃した侍女のマックムは、チェファがユンの子を宿していることをヘ・ネスクに伝えるが、ネスクはユンにチェファが命を落としたと報告する。

第7話

第7話

チェファはクチョンに連れられ伽耶の地にたどり着く。その頃、ユンは25代王・武寧王として即位し、東城王の忘れ形見・チンムの命を守るため、似ていると言われる自分の息子・ミョンノンとチンムの衣服を交換させる。

第8話

第8話

チェファは娘を出産し、口が利けないせいで侮辱されているクチョンのために仕事を見つけてきた。クチョンの気持ちを知りながら応えることのできないチェファは、いずれクチョンのもとを離れるつもりだと言う。

第9話

第9話

慣れないながらも家事を始めたチェファ。そんな彼女はある時、手を触れようとしたクチョンを拒んで家を出ていくが、泣き叫ぶソルランのために態度を和らげる。そんななか、クチョンはペク・カの形見を手に入れる。

第10話

第10話

月日は流れ、成長したソルランと、仲の良い妹として育ったチェファとクチョンの娘・ソルヒ。その頃、武寧王の太子・ミョンノンは、捕らえられたポルグムが高句麗の密偵だと暴き、父から諜報団のピムンを紹介される。

第11話

第11話

武寧王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、ヘ・ネスクの娘がウネ王妃となっていた。そんななか、高句麗の密偵を暴いたミョンノンを称える宴席で、武寧王はミョンノンに「名君である東城王に学べ」と告げる。

第12話

第12話

ソルランとソルヒは山で道に迷い、ならず者に襲われそうになるが、ソルヒはソルランを置いて逃げてしまい、姉妹の仲がぎくしゃくし始める。そんななか、武寧王が伽耶の地を訪問することが決まる。

第13話

第13話

百済から武寧王の一行が来ることを知ったソルヒは、ソルランを無理やり同意させて市場へ出向く。一方、チンムは市場で武寧王を暗殺しようと準備を整える。一方その頃、チェファはソルランとソルヒを捜し始める。

第14話

第14話

ミョンノンの提案で、武寧王は伽耶の行宮に向かう前にペク・メスンの工房を訪問。そこでクチョンの姿を目撃したヘ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしていることを知り、武寧王にチェファが生きていると伝える。

第15話

第15話

ヘ・ネスクは、満月の夜に楼閣で待っているという武寧王の言葉をチェファに伝えた。その満月の夜、チェファは遠くから武寧王の姿を見ただけで家路に就く。一方、チンムがチェファのもとに刺客を送り込む。

第16話

第16話

チェファの家を刺客が襲う。駆けつけたコマクやヨング親子は殺され、クチョンも斬られる。チェファは両目に重傷を負ってしまうが、ソルランの機転によって、ソルランとソルヒ、チェファの3人は洞窟に身を隠す。

第17話

第17話

医者を訪ねる途中でミョンノンと遭遇したソルランは、取り乱したふりをしてやり過ごす。目が見えないチェファは、持っていたかんざしからソルヒをソルランと勘違いし、実の父親が百済の武寧王だとソルヒに話す。

第18話

第18話

間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づき、がく然とするチェファ。しかし、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファは「スベクヒャン」とだけ言い残して息絶えてしまう。

第19話

第19話

両親の敵討ちを誓うソルランは、百済、新羅、伽耶の3国に通じる街道の村で荷運び人たちの世話をしつつ、村を襲った盗賊たちの情報を集める。有力な情報を得たソルランは盗賊団の住み家に向かおうとするが…。

第20話

第20話

ソルランとソルヒが盗賊の住み家の近くで待ち伏せするが、ソルランが百済王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に百済の都・熊津城へ向かう。そしてソルヒは城門の前で倒れてしまうが…。

第1話

第1話

時は6世紀初頭。百済は第24代の王・東城王が治世していた。加林城の城主であり貴族のペク・カの娘・チェファは、王の従兄にあたるユンとひそかに情を通じていた。そしてチェファは、彼の子を身ごもっていた。

第2話

第2話

自分を辺境の地に追いやろうとする東城王に対して怒りを募らせるペク・カ。一方、ユンは北魏との戦いに勝利して帰還するが、東城王はユンを再び戦地に向かわせようとし、東城王は狩りのため加林城を訪れる。

第3話

第3話

ユンとチェファが再会を果たした。そこで2人が将来の生活について語りあっていると、東城王が狩りの最中に襲われたという知らせが入る。瀕死の重傷を負った東城王は、ユンに百済の将来を託そうとする。

第4話

第4話

「王を暗殺したらユンが黙ってはいない」と警告するチェファに対し、ペク・カはユンもこの謀反を望んでいたはずだと言う。そんななか、東城王が死去し、ユンは王を暗殺した罪でペク・カを召喚する。

第5話

第5話

ユンは諜報団のピムンを使い、ペク・カの側近たちを暗殺する。チェファはひそかにユンと面会して父の命乞いをするが、彼のかたくなな態度に、子を身ごもったことも伝えられないまま物別れに終わってしまう。

第6話

第6話

ペク・カの屋敷は炎に包まれ、チェファはクチョンに助けられる。それを目撃した侍女のマックムは、チェファがユンの子を宿していることをヘ・ネスクに伝えるが、ネスクはユンにチェファが命を落としたと報告する。

第7話

第7話

チェファはクチョンに連れられ伽耶の地にたどり着く。その頃、ユンは25代王・武寧王として即位し、東城王の忘れ形見・チンムの命を守るため、似ていると言われる自分の息子・ミョンノンとチンムの衣服を交換させる。

第8話

第8話

チェファは娘を出産し、口が利けないせいで侮辱されているクチョンのために仕事を見つけてきた。クチョンの気持ちを知りながら応えることのできないチェファは、いずれクチョンのもとを離れるつもりだと言う。

第9話

第9話

慣れないながらも家事を始めたチェファ。そんな彼女はある時、手を触れようとしたクチョンを拒んで家を出ていくが、泣き叫ぶソルランのために態度を和らげる。そんななか、クチョンはペク・カの形見を手に入れる。

第10話

第10話

月日は流れ、成長したソルランと、仲の良い妹として育ったチェファとクチョンの娘・ソルヒ。その頃、武寧王の太子・ミョンノンは、捕らえられたポルグムが高句麗の密偵だと暴き、父から諜報団のピムンを紹介される。

第11話

第11話

武寧王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、ヘ・ネスクの娘がウネ王妃となっていた。そんななか、高句麗の密偵を暴いたミョンノンを称える宴席で、武寧王はミョンノンに「名君である東城王に学べ」と告げる。

第12話

第12話

ソルランとソルヒは山で道に迷い、ならず者に襲われそうになるが、ソルヒはソルランを置いて逃げてしまい、姉妹の仲がぎくしゃくし始める。そんななか、武寧王が伽耶の地を訪問することが決まる。

第13話

第13話

百済から武寧王の一行が来ることを知ったソルヒは、ソルランを無理やり同意させて市場へ出向く。一方、チンムは市場で武寧王を暗殺しようと準備を整える。一方その頃、チェファはソルランとソルヒを捜し始める。

第14話

第14話

ミョンノンの提案で、武寧王は伽耶の行宮に向かう前にペク・メスンの工房を訪問。そこでクチョンの姿を目撃したヘ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしていることを知り、武寧王にチェファが生きていると伝える。

第15話

第15話

ヘ・ネスクは、満月の夜に楼閣で待っているという武寧王の言葉をチェファに伝えた。その満月の夜、チェファは遠くから武寧王の姿を見ただけで家路に就く。一方、チンムがチェファのもとに刺客を送り込む。

第16話

第16話

チェファの家を刺客が襲う。駆けつけたコマクやヨング親子は殺され、クチョンも斬られる。チェファは両目に重傷を負ってしまうが、ソルランの機転によって、ソルランとソルヒ、チェファの3人は洞窟に身を隠す。

第17話

第17話

医者を訪ねる途中でミョンノンと遭遇したソルランは、取り乱したふりをしてやり過ごす。目が見えないチェファは、持っていたかんざしからソルヒをソルランと勘違いし、実の父親が百済の武寧王だとソルヒに話す。

第18話

第18話

間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づき、がく然とするチェファ。しかし、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファは「スベクヒャン」とだけ言い残して息絶えてしまう。

第19話

第19話

両親の敵討ちを誓うソルランは、百済、新羅、伽耶の3国に通じる街道の村で荷運び人たちの世話をしつつ、村を襲った盗賊たちの情報を集める。有力な情報を得たソルランは盗賊団の住み家に向かおうとするが…。

第20話

第20話

ソルランとソルヒが盗賊の住み家の近くで待ち伏せするが、ソルランが百済王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に百済の都・熊津城へ向かう。そしてソルヒは城門の前で倒れてしまうが…。

第1話

第1話

時は6世紀初頭。百済は第24代の王・東城王が治世していた。加林城の城主であり貴族のペク・カの娘・チェファは、王の従兄にあたるユンとひそかに情を通じていた。そしてチェファは、彼の子を身ごもっていた。

第2話

第2話

自分を辺境の地に追いやろうとする東城王に対して怒りを募らせるペク・カ。一方、ユンは北魏との戦いに勝利して帰還するが、東城王はユンを再び戦地に向かわせようとし、東城王は狩りのため加林城を訪れる。

第3話

第3話

ユンとチェファが再会を果たした。そこで2人が将来の生活について語りあっていると、東城王が狩りの最中に襲われたという知らせが入る。瀕死の重傷を負った東城王は、ユンに百済の将来を託そうとする。

第4話

第4話

「王を暗殺したらユンが黙ってはいない」と警告するチェファに対し、ペク・カはユンもこの謀反を望んでいたはずだと言う。そんななか、東城王が死去し、ユンは王を暗殺した罪でペク・カを召喚する。

第5話

第5話

ユンは諜報団のピムンを使い、ペク・カの側近たちを暗殺する。チェファはひそかにユンと面会して父の命乞いをするが、彼のかたくなな態度に、子を身ごもったことも伝えられないまま物別れに終わってしまう。

第6話

第6話

ペク・カの屋敷は炎に包まれ、チェファはクチョンに助けられる。それを目撃した侍女のマックムは、チェファがユンの子を宿していることをヘ・ネスクに伝えるが、ネスクはユンにチェファが命を落としたと報告する。

第7話

第7話

チェファはクチョンに連れられ伽耶の地にたどり着く。その頃、ユンは25代王・武寧王として即位し、東城王の忘れ形見・チンムの命を守るため、似ていると言われる自分の息子・ミョンノンとチンムの衣服を交換させる。

第8話

第8話

チェファは娘を出産し、口が利けないせいで侮辱されているクチョンのために仕事を見つけてきた。クチョンの気持ちを知りながら応えることのできないチェファは、いずれクチョンのもとを離れるつもりだと言う。

第9話

第9話

慣れないながらも家事を始めたチェファ。そんな彼女はある時、手を触れようとしたクチョンを拒んで家を出ていくが、泣き叫ぶソルランのために態度を和らげる。そんななか、クチョンはペク・カの形見を手に入れる。

第10話

第10話

月日は流れ、成長したソルランと、仲の良い妹として育ったチェファとクチョンの娘・ソルヒ。その頃、武寧王の太子・ミョンノンは、捕らえられたポルグムが高句麗の密偵だと暴き、父から諜報団のピムンを紹介される。

第11話

第11話

武寧王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、ヘ・ネスクの娘がウネ王妃となっていた。そんななか、高句麗の密偵を暴いたミョンノンを称える宴席で、武寧王はミョンノンに「名君である東城王に学べ」と告げる。

第12話

第12話

ソルランとソルヒは山で道に迷い、ならず者に襲われそうになるが、ソルヒはソルランを置いて逃げてしまい、姉妹の仲がぎくしゃくし始める。そんななか、武寧王が伽耶の地を訪問することが決まる。

第13話

第13話

百済から武寧王の一行が来ることを知ったソルヒは、ソルランを無理やり同意させて市場へ出向く。一方、チンムは市場で武寧王を暗殺しようと準備を整える。一方その頃、チェファはソルランとソルヒを捜し始める。

第14話

第14話

ミョンノンの提案で、武寧王は伽耶の行宮に向かう前にペク・メスンの工房を訪問。そこでクチョンの姿を目撃したヘ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしていることを知り、武寧王にチェファが生きていると伝える。

第15話

第15話

ヘ・ネスクは、満月の夜に楼閣で待っているという武寧王の言葉をチェファに伝えた。その満月の夜、チェファは遠くから武寧王の姿を見ただけで家路に就く。一方、チンムがチェファのもとに刺客を送り込む。

第16話

第16話

チェファの家を刺客が襲う。駆けつけたコマクやヨング親子は殺され、クチョンも斬られる。チェファは両目に重傷を負ってしまうが、ソルランの機転によって、ソルランとソルヒ、チェファの3人は洞窟に身を隠す。

第17話

第17話

医者を訪ねる途中でミョンノンと遭遇したソルランは、取り乱したふりをしてやり過ごす。目が見えないチェファは、持っていたかんざしからソルヒをソルランと勘違いし、実の父親が百済の武寧王だとソルヒに話す。

第18話

第18話

間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づき、がく然とするチェファ。しかし、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファは「スベクヒャン」とだけ言い残して息絶えてしまう。

第19話

第19話

両親の敵討ちを誓うソルランは、百済、新羅、伽耶の3国に通じる街道の村で荷運び人たちの世話をしつつ、村を襲った盗賊たちの情報を集める。有力な情報を得たソルランは盗賊団の住み家に向かおうとするが…。

第20話

第20話

ソルランとソルヒが盗賊の住み家の近くで待ち伏せするが、ソルランが百済王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に百済の都・熊津城へ向かう。そしてソルヒは城門の前で倒れてしまうが…。

第1話

第1話

時は6世紀初頭。百済は第24代の王・東城王が治世していた。加林城の城主であり貴族のペク・カの娘・チェファは、王の従兄にあたるユンとひそかに情を通じていた。そしてチェファは、彼の子を身ごもっていた。

第2話

第2話

自分を辺境の地に追いやろうとする東城王に対して怒りを募らせるペク・カ。一方、ユンは北魏との戦いに勝利して帰還するが、東城王はユンを再び戦地に向かわせようとし、東城王は狩りのため加林城を訪れる。

第3話

第3話

ユンとチェファが再会を果たした。そこで2人が将来の生活について語りあっていると、東城王が狩りの最中に襲われたという知らせが入る。瀕死の重傷を負った東城王は、ユンに百済の将来を託そうとする。

第4話

第4話

「王を暗殺したらユンが黙ってはいない」と警告するチェファに対し、ペク・カはユンもこの謀反を望んでいたはずだと言う。そんななか、東城王が死去し、ユンは王を暗殺した罪でペク・カを召喚する。

第5話

第5話

ユンは諜報団のピムンを使い、ペク・カの側近たちを暗殺する。チェファはひそかにユンと面会して父の命乞いをするが、彼のかたくなな態度に、子を身ごもったことも伝えられないまま物別れに終わってしまう。

第6話

第6話

ペク・カの屋敷は炎に包まれ、チェファはクチョンに助けられる。それを目撃した侍女のマックムは、チェファがユンの子を宿していることをヘ・ネスクに伝えるが、ネスクはユンにチェファが命を落としたと報告する。

第7話

第7話

チェファはクチョンに連れられ伽耶の地にたどり着く。その頃、ユンは25代王・武寧王として即位し、東城王の忘れ形見・チンムの命を守るため、似ていると言われる自分の息子・ミョンノンとチンムの衣服を交換させる。

第8話

第8話

チェファは娘を出産し、口が利けないせいで侮辱されているクチョンのために仕事を見つけてきた。クチョンの気持ちを知りながら応えることのできないチェファは、いずれクチョンのもとを離れるつもりだと言う。

第9話

第9話

慣れないながらも家事を始めたチェファ。そんな彼女はある時、手を触れようとしたクチョンを拒んで家を出ていくが、泣き叫ぶソルランのために態度を和らげる。そんななか、クチョンはペク・カの形見を手に入れる。

第10話

第10話

月日は流れ、成長したソルランと、仲の良い妹として育ったチェファとクチョンの娘・ソルヒ。その頃、武寧王の太子・ミョンノンは、捕らえられたポルグムが高句麗の密偵だと暴き、父から諜報団のピムンを紹介される。

第11話

第11話

武寧王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、ヘ・ネスクの娘がウネ王妃となっていた。そんななか、高句麗の密偵を暴いたミョンノンを称える宴席で、武寧王はミョンノンに「名君である東城王に学べ」と告げる。

第12話

第12話

ソルランとソルヒは山で道に迷い、ならず者に襲われそうになるが、ソルヒはソルランを置いて逃げてしまい、姉妹の仲がぎくしゃくし始める。そんななか、武寧王が伽耶の地を訪問することが決まる。

第13話

第13話

百済から武寧王の一行が来ることを知ったソルヒは、ソルランを無理やり同意させて市場へ出向く。一方、チンムは市場で武寧王を暗殺しようと準備を整える。一方その頃、チェファはソルランとソルヒを捜し始める。

第14話

第14話

ミョンノンの提案で、武寧王は伽耶の行宮に向かう前にペク・メスンの工房を訪問。そこでクチョンの姿を目撃したヘ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしていることを知り、武寧王にチェファが生きていると伝える。

第15話

第15話

ヘ・ネスクは、満月の夜に楼閣で待っているという武寧王の言葉をチェファに伝えた。その満月の夜、チェファは遠くから武寧王の姿を見ただけで家路に就く。一方、チンムがチェファのもとに刺客を送り込む。

第16話

第16話

チェファの家を刺客が襲う。駆けつけたコマクやヨング親子は殺され、クチョンも斬られる。チェファは両目に重傷を負ってしまうが、ソルランの機転によって、ソルランとソルヒ、チェファの3人は洞窟に身を隠す。

第17話

第17話

医者を訪ねる途中でミョンノンと遭遇したソルランは、取り乱したふりをしてやり過ごす。目が見えないチェファは、持っていたかんざしからソルヒをソルランと勘違いし、実の父親が百済の武寧王だとソルヒに話す。

第18話

第18話

間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づき、がく然とするチェファ。しかし、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファは「スベクヒャン」とだけ言い残して息絶えてしまう。

第19話

第19話

両親の敵討ちを誓うソルランは、百済、新羅、伽耶の3国に通じる街道の村で荷運び人たちの世話をしつつ、村を襲った盗賊たちの情報を集める。有力な情報を得たソルランは盗賊団の住み家に向かおうとするが…。

第20話

第20話

ソルランとソルヒが盗賊の住み家の近くで待ち伏せするが、ソルランが百済王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に百済の都・熊津城へ向かう。そしてソルヒは城門の前で倒れてしまうが…。

第1話

第1話

時は6世紀初頭。百済は第24代の王・東城王が治世していた。加林城の城主であり貴族のペク・カの娘・チェファは、王の従兄にあたるユンとひそかに情を通じていた。そしてチェファは、彼の子を身ごもっていた。

第2話

第2話

自分を辺境の地に追いやろうとする東城王に対して怒りを募らせるペク・カ。一方、ユンは北魏との戦いに勝利して帰還するが、東城王はユンを再び戦地に向かわせようとし、東城王は狩りのため加林城を訪れる。

第3話

第3話

ユンとチェファが再会を果たした。そこで2人が将来の生活について語りあっていると、東城王が狩りの最中に襲われたという知らせが入る。瀕死の重傷を負った東城王は、ユンに百済の将来を託そうとする。

第4話

第4話

「王を暗殺したらユンが黙ってはいない」と警告するチェファに対し、ペク・カはユンもこの謀反を望んでいたはずだと言う。そんななか、東城王が死去し、ユンは王を暗殺した罪でペク・カを召喚する。

第5話

第5話

ユンは諜報団のピムンを使い、ペク・カの側近たちを暗殺する。チェファはひそかにユンと面会して父の命乞いをするが、彼のかたくなな態度に、子を身ごもったことも伝えられないまま物別れに終わってしまう。

第6話

第6話

ペク・カの屋敷は炎に包まれ、チェファはクチョンに助けられる。それを目撃した侍女のマックムは、チェファがユンの子を宿していることをヘ・ネスクに伝えるが、ネスクはユンにチェファが命を落としたと報告する。

第7話

第7話

チェファはクチョンに連れられ伽耶の地にたどり着く。その頃、ユンは25代王・武寧王として即位し、東城王の忘れ形見・チンムの命を守るため、似ていると言われる自分の息子・ミョンノンとチンムの衣服を交換させる。

第8話

第8話

チェファは娘を出産し、口が利けないせいで侮辱されているクチョンのために仕事を見つけてきた。クチョンの気持ちを知りながら応えることのできないチェファは、いずれクチョンのもとを離れるつもりだと言う。

第9話

第9話

慣れないながらも家事を始めたチェファ。そんな彼女はある時、手を触れようとしたクチョンを拒んで家を出ていくが、泣き叫ぶソルランのために態度を和らげる。そんななか、クチョンはペク・カの形見を手に入れる。

第10話

第10話

月日は流れ、成長したソルランと、仲の良い妹として育ったチェファとクチョンの娘・ソルヒ。その頃、武寧王の太子・ミョンノンは、捕らえられたポルグムが高句麗の密偵だと暴き、父から諜報団のピムンを紹介される。

第11話

第11話

武寧王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、ヘ・ネスクの娘がウネ王妃となっていた。そんななか、高句麗の密偵を暴いたミョンノンを称える宴席で、武寧王はミョンノンに「名君である東城王に学べ」と告げる。

第12話

第12話

ソルランとソルヒは山で道に迷い、ならず者に襲われそうになるが、ソルヒはソルランを置いて逃げてしまい、姉妹の仲がぎくしゃくし始める。そんななか、武寧王が伽耶の地を訪問することが決まる。

第13話

第13話

百済から武寧王の一行が来ることを知ったソルヒは、ソルランを無理やり同意させて市場へ出向く。一方、チンムは市場で武寧王を暗殺しようと準備を整える。一方その頃、チェファはソルランとソルヒを捜し始める。

第14話

第14話

ミョンノンの提案で、武寧王は伽耶の行宮に向かう前にペク・メスンの工房を訪問。そこでクチョンの姿を目撃したヘ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしていることを知り、武寧王にチェファが生きていると伝える。

第15話

第15話

ヘ・ネスクは、満月の夜に楼閣で待っているという武寧王の言葉をチェファに伝えた。その満月の夜、チェファは遠くから武寧王の姿を見ただけで家路に就く。一方、チンムがチェファのもとに刺客を送り込む。

第16話

第16話

チェファの家を刺客が襲う。駆けつけたコマクやヨング親子は殺され、クチョンも斬られる。チェファは両目に重傷を負ってしまうが、ソルランの機転によって、ソルランとソルヒ、チェファの3人は洞窟に身を隠す。

第17話

第17話

医者を訪ねる途中でミョンノンと遭遇したソルランは、取り乱したふりをしてやり過ごす。目が見えないチェファは、持っていたかんざしからソルヒをソルランと勘違いし、実の父親が百済の武寧王だとソルヒに話す。

第18話

第18話

間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づき、がく然とするチェファ。しかし、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファは「スベクヒャン」とだけ言い残して息絶えてしまう。

第19話

第19話

両親の敵討ちを誓うソルランは、百済、新羅、伽耶の3国に通じる街道の村で荷運び人たちの世話をしつつ、村を襲った盗賊たちの情報を集める。有力な情報を得たソルランは盗賊団の住み家に向かおうとするが…。

第20話

第20話

ソルランとソルヒが盗賊の住み家の近くで待ち伏せするが、ソルランが百済王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に百済の都・熊津城へ向かう。そしてソルヒは城門の前で倒れてしまうが…。

第1話

第1話

時は6世紀初頭。百済は第24代の王・東城王が治世していた。加林城の城主であり貴族のペク・カの娘・チェファは、王の従兄にあたるユンとひそかに情を通じていた。そしてチェファは、彼の子を身ごもっていた。

第2話

第2話

自分を辺境の地に追いやろうとする東城王に対して怒りを募らせるペク・カ。一方、ユンは北魏との戦いに勝利して帰還するが、東城王はユンを再び戦地に向かわせようとし、東城王は狩りのため加林城を訪れる。

第3話

第3話

ユンとチェファが再会を果たした。そこで2人が将来の生活について語りあっていると、東城王が狩りの最中に襲われたという知らせが入る。瀕死の重傷を負った東城王は、ユンに百済の将来を託そうとする。

第4話

第4話

「王を暗殺したらユンが黙ってはいない」と警告するチェファに対し、ペク・カはユンもこの謀反を望んでいたはずだと言う。そんななか、東城王が死去し、ユンは王を暗殺した罪でペク・カを召喚する。

第5話

第5話

ユンは諜報団のピムンを使い、ペク・カの側近たちを暗殺する。チェファはひそかにユンと面会して父の命乞いをするが、彼のかたくなな態度に、子を身ごもったことも伝えられないまま物別れに終わってしまう。

第6話

第6話

ペク・カの屋敷は炎に包まれ、チェファはクチョンに助けられる。それを目撃した侍女のマックムは、チェファがユンの子を宿していることをヘ・ネスクに伝えるが、ネスクはユンにチェファが命を落としたと報告する。

第7話

第7話

チェファはクチョンに連れられ伽耶の地にたどり着く。その頃、ユンは25代王・武寧王として即位し、東城王の忘れ形見・チンムの命を守るため、似ていると言われる自分の息子・ミョンノンとチンムの衣服を交換させる。

第8話

第8話

チェファは娘を出産し、口が利けないせいで侮辱されているクチョンのために仕事を見つけてきた。クチョンの気持ちを知りながら応えることのできないチェファは、いずれクチョンのもとを離れるつもりだと言う。

第9話

第9話

慣れないながらも家事を始めたチェファ。そんな彼女はある時、手を触れようとしたクチョンを拒んで家を出ていくが、泣き叫ぶソルランのために態度を和らげる。そんななか、クチョンはペク・カの形見を手に入れる。

第10話

第10話

月日は流れ、成長したソルランと、仲の良い妹として育ったチェファとクチョンの娘・ソルヒ。その頃、武寧王の太子・ミョンノンは、捕らえられたポルグムが高句麗の密偵だと暴き、父から諜報団のピムンを紹介される。

第11話

第11話

武寧王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、ヘ・ネスクの娘がウネ王妃となっていた。そんななか、高句麗の密偵を暴いたミョンノンを称える宴席で、武寧王はミョンノンに「名君である東城王に学べ」と告げる。

第12話

第12話

ソルランとソルヒは山で道に迷い、ならず者に襲われそうになるが、ソルヒはソルランを置いて逃げてしまい、姉妹の仲がぎくしゃくし始める。そんななか、武寧王が伽耶の地を訪問することが決まる。

第13話

第13話

百済から武寧王の一行が来ることを知ったソルヒは、ソルランを無理やり同意させて市場へ出向く。一方、チンムは市場で武寧王を暗殺しようと準備を整える。一方その頃、チェファはソルランとソルヒを捜し始める。

第14話

第14話

ミョンノンの提案で、武寧王は伽耶の行宮に向かう前にペク・メスンの工房を訪問。そこでクチョンの姿を目撃したヘ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしていることを知り、武寧王にチェファが生きていると伝える。

第15話

第15話

ヘ・ネスクは、満月の夜に楼閣で待っているという武寧王の言葉をチェファに伝えた。その満月の夜、チェファは遠くから武寧王の姿を見ただけで家路に就く。一方、チンムがチェファのもとに刺客を送り込む。

第16話

第16話

チェファの家を刺客が襲う。駆けつけたコマクやヨング親子は殺され、クチョンも斬られる。チェファは両目に重傷を負ってしまうが、ソルランの機転によって、ソルランとソルヒ、チェファの3人は洞窟に身を隠す。

第17話

第17話

医者を訪ねる途中でミョンノンと遭遇したソルランは、取り乱したふりをしてやり過ごす。目が見えないチェファは、持っていたかんざしからソルヒをソルランと勘違いし、実の父親が百済の武寧王だとソルヒに話す。

第18話

第18話

間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づき、がく然とするチェファ。しかし、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファは「スベクヒャン」とだけ言い残して息絶えてしまう。

第19話

第19話

両親の敵討ちを誓うソルランは、百済、新羅、伽耶の3国に通じる街道の村で荷運び人たちの世話をしつつ、村を襲った盗賊たちの情報を集める。有力な情報を得たソルランは盗賊団の住み家に向かおうとするが…。

第20話

第20話

ソルランとソルヒが盗賊の住み家の近くで待ち伏せするが、ソルランが百済王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に百済の都・熊津城へ向かう。そしてソルヒは城門の前で倒れてしまうが…。
出演脚本
ソ・ヒョンジン
ソウ
チョ・ヒョンジェ
チョン・テス
イ・ジェリョン
ミョン・セビン
ユン・テヨン
チョン・チャン
ファン・ジニョン

他にも韓国ドラマを楽しめるサービスはないの?

U-NEXTの他にもHuluやNetflix、dTVなどいくつか韓国ドラマが見れる動画配信サービスもあります。
しかしU-NEXTは以下の理由から韓国ドラマを楽しむにはもっとも最適なサービスなのです。

  • 韓国ドラマ配信数No1
  • 無料体験期間が1ヶ月と長い
  • K-POP、韓国バラエティの他、国内ドラマ、海外ドラマ、邦画、洋画さらには日本の漫画や雑誌までも楽しめる

韓国ドラマ最新ランキング

他にも韓国ドラマをお探しでしたらこちらからどうそ。
韓国ドラマ最新ランキング

U-NEXTは他にもこんなのが見れます

U-NEXTでは他にもいろいろなコンテンツが視聴できます。
ほんの少しだけ紹介するとこのようなものも見放題で見れちゃいます。

  • 鬼滅の刃
  • Dr.STONE
  • ウォーキング・デッド
  • プリズン・ブレイク
  • ゴシップガール
  • レッドクリフ
  • チャイルド・プレイ
  • ホーム・アローン
  • 今日から俺は!!
  • ドクターX
  • 3年A組

U-NEXTまとめ

料金 月額1,990円(税込2,189円)
お試し特典
  • 1ヶ月無料
  • 600ポイントプレゼント
    ※課金が必要な新作タイトルなどに使用できます。
会員特典 毎月1,200ポイントをチャージ
※課金が必要な新作タイトルなどに使用できます。
韓国ドラマ作品数 620本(うち見放題作品:520本)
その他の動画見放題作品数 13万本以上
対応デバイス
  • テレビ
  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン
  • ゲーム機
ダウンロード 可能
※WiFi環境のある場所でスマホに動画をダウンロードしておけばギガを減らすことなくいつでもどこでも動画を楽しめちゃいます。
支払い方法
  • クレジットカード
  • キャリア決済(ケータイ払い)
クレカが無くてもキャリア決済で登録できるのはかなりポイントが高いですね。
解約 縛りなしでいつでも解約できます。
※無料体験中に解約するとその時点で無料体験が終わってしまうので、期間いっぱい楽しんでから解約することをおすすめします。
備考 雑誌見放題
\たった1分で完了/
無料でU-NEXTで観る ※ 使い始めた日から31日間無料で楽しめます!

※2022年10月時点の情報です。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました